人気の健康茶「ルイボスティー」。「ルイボスティーてなに?」「どんな効果があるの?」「赤ちゃんでも飲めるってほんと?」

このような疑問を解決します。

ルイボスティーはノンカフェインで誰でも飲める健康茶です。

特に女性にとって嬉しい効果も期待できますし、妊娠中の方にもおすすめ。

この記事では、ルイボスティーに期待できる効果・効能、副作用、おすすめのルイボスティーを紹介していきます。

南アフリカで育つ奇跡のお茶 ルイボスティー 

ルイボスはマメ亜科のアスパラトゥス属の一種です。この葉を乾燥させて作る飲み物をルイボスティーと呼びます。

ルイボスは昼と夜の気温差が30度以上という過酷な地域を好むため、南アフリカ共和国のセダンパーク山脈の一部でのみ生成されます。

大自然の恵みをたっぷりと含んでおり、ミネラルやフラボノイド、ポリフェノールなどの体に良い成分がたっぷりと含まれています。

紅茶のように赤く、ほのかに甘みがあり、カフェイン0、カロリー0のため妊娠中の方や赤ちゃんも安心して飲めることが特徴です。

ルイボスティーのやばい効果・効能!!!

最近このような悩みはありませんか?

・妊活、妊娠中、母乳が出にくい・・・

・寝つきが悪い・・・

お肌の調子が悪い・・・

胃腸の調子が悪い・・・

冷え性に悩んでいる・・・

老化を防止したい・・・

ルイボスティーにはこれらの悩みをすべて改善する効果があります。

具体的にどのような効果、効能があるのか、理由も含めて見ていきましょう。

エイジング効果

ルイボスティーに含まれる「SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)」という抗酸化成分(酵素)が、肌の老化をゆるめ若々しい美肌に。活性酸素を除去し、体の免疫力を高めて細胞の新陳代謝の促進してくれます。

ルイボスの茶葉には、マグネシウム、カリウムといったミネラルをはじめ、ビタミンC、カルシウムなど美肌作りに欠かせない成分もバランス良く含まれていてるのがポイント。

冷えの改善

冷え性に悩まされている人の多くは、靴下を何枚も重ね履きしたり、家の中でもコートを着たりとできる限りの工夫をしているはずです。

しかし厚着をして外側から冷えをガードするのではなく、体の内側から冷えを改善する必要があります。

ルイボスティーには、コーヒーや緑茶などのようにカフェインが含まれていません。

実はカフェインは体を冷やすといわれています。

また冷えに悩まされている人はビタミンやミネラルが不足しがちで、自分の体内で熱を作り出すことができません。

これが冷えの原因になっているとも言えるでしょう。

ルイボスティーには強い抗酸化作用があり、体内の活性酸素が減ることで体温の上昇につながるといわれています。

ルイボスティーには冷え症を改善する効果が期待できる、まさに冷えとりができるお茶と言えるでしょう。

むくみの改善

むくみに悩んでいる方、いらっしゃいますよね?

ルイボスティーには利尿作用を促すカリウムが含まれています。カリウムはむくみケアの代表的な成分で、余分なナトリウムを尿として排出することによって、むくみ改善に働きかけてくれるのです。

さらに毛細血管の働きを促進するルチンも含まれていて、この成分が血行を促進、むくみ改善に役立つとされています。

おなかの調子を改善 便秘にさよなら!

女性に多い便秘ですが、毎回カチカチでトイレに時間がかかって憂鬱だと感じている人は多いです。

便秘は美肌の大敵ですし、お腹も重くてイライラしてしまいます。

ルイボスティーは便秘薬のようにきつい腹痛が起きず、自然な便意を感じられるのでおすすめです。

「SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)」という抗酸化物質が、活性酸素を取り除くことが可能です。
そして、このSODは、腸の動きを活発にして悪玉菌を効率良く排出します。

その結果、腸内に善玉菌が多く残って腸内環境を健康に保つ効果が期待できるというわけです。
ヨーグルトや乳酸菌飲料などで腸内環境を整えるのも大切ですが、悪玉菌を体外に排出して相対的に善玉菌を多くできるのがルイボスティーの強みです。

また「マグネシウム」という成分も入っていて、この成分は腸内で水分を集める働きを持っていますので、カチカチ便を柔らかくする作用があります。

ルイボスティーに副作用はない 妊婦さんや赤ちゃんにも安心

ルイボスティーを飲むことによって、副作用が起きるということは基本的にありません

ただルイボスティーはミネラルを多く含んでいるので、飲みすぎると利尿作用でトイレが近くなったり、下痢を起こしたりする可能性も。

心配な方は、少量から飲み始めてみて、体調と相談しながら量を増やしてはいかがでしょうか。

といってもコーヒーのようにカフェインが含まれているわけではないので、過度に心配する必要はないかもしれません。

腸管に水分を浸透させて便通を良くするので、腸の自然な動きが促され、自然でスムーズなお通じになります。

ルイボスティーにも種類ってあるの?

お茶

ルイボスティーには、発酵させた「レッドルイボスティー」と発酵させていない少し高価な「グリーンルイボスティー」の2種類あります。

グリーンルイボスティーとレッドルイボスティーの大きな違いは、発酵茶であるか否かです。 レッドルイボスティーは発酵茶であるのに対して、グリーンルイボスティーは非発酵のお茶。

ルイボスはもともと緑色の葉をしています。 レッドルイボスティーは6~8時間もの発酵を行う過程で、茶葉が緑色から赤みの強い褐色へと変化し、お茶を淹れたときもキレイな赤色がでます。一般的に知られているのは、鮮やかな赤色のレッドルイボスティー。

それぞれのルイボスティーの比較としては

レッドルイボスティー

・発酵している

・独特の香ばしい風味

・価格がお手頃なため手に入りやすい

グリーンルイボスティー

・発酵をとめている

・緑茶のようなさっぱりとした味わい

・価格は高くなるが栄養価が高い

その他にも、ルイボスティーの茶葉にはグレードと呼ばれるランク付けがされています。

グレードには以下のふたつの要素があります。

  • 茶葉の部位によるグレード分け
  • 枝のどの部分の茶葉かによるグレード分け

グレード分け 茶葉の部位

一言で茶葉とは言いますが、茎から葉までをまとめて茶葉と呼ばれます。

そして茶葉のどの部位を使っているのかで、ルイボスティーの味や含まれる成分の量が変わってきます。

言い換えると、茎と葉の比率によるグレード分けと言えます。

部位成分
チョイス茎が多い薄め少ない
スーペリア半々普通普通
クラシック葉のみ濃い多い

グレード分け 茶葉の位置

グレードにはもうひとつの分類があって、こちらは茶葉が枝のどの部分のものかによるグレード分けになります。

枝の先にある茶葉は、産地である南アフリカの強い太陽光を常に浴びることになるため、ルイボス自身を紫外線から守るためにたくさんのポリフェノールが含まれていて、味もまろやかになります。

部位成分
チョイス茎が多い薄め少ない
スーペリア半々普通普通
クラシック葉のみ濃い多い

こちらはルイボスティーの味そのものというよりは口当たりの違いだと思います。

個人的には成分も多く含まれるスーパーグレードが美味しくておすすめです。

エルバランシアのルイボスティーはスーパーグレードのみを使用した最高品質のルイボスティーです。今なら半額で手に入ります。

茶葉の量も通常の2倍入っており、完全オーガニック(有機栽培)されているので安心してお飲みいただけます。

是非最高品質のルイボスティーを体感してみてね。

高品質の安心のルイボスティーはこちら

ルイボスティーは煮出しがおすすめ

ルイボスティーはどうやって飲むのか、美味しい飲み方があるのか、気になりますよね。

ルイボスティーの基本的な飲み方を紹介します。

基本的な飲み方

ルイボスティーは、沸かし方が大変重要です。

しっかり煮出すことで吸収されやすくなるのがルイボスティーの特徴でもあります。成分を抽出するのに100℃の熱湯でぐつぐつと弱火で煮出すことにより低分子で最も吸収されやすい成分が抽出されます。

お水やお湯を注ぐだけでは、なかなかフラボノイドを抽出できないため、せっかく効果的に飲むなら煮出して飲みましょう。

ルイボスティーを煮出す方法

  1. ルイボスティー茶葉を5g用意
  2. 1リットルの水を火にかけて沸かす
  3. お湯が沸騰したら、ルイボスティー茶葉を入れる
  4. 15分程度煮出す(最低5分以上は煮出すと効果的)
  5. 火を止めて茶葉を取り出したら完成

基本的にルイボスティーは煮出して飲むのがおすすめですが、商品によっては水出し用のものもあります。

水出しの場合は、水道水でも構いませんが軟水のミネラルウォーターを使用するのがおすすめです。

軟水は硬水に比べて、お茶の香りと旨味を上手に引き出しやすいため、軟水のミネラルウォーターを使用しましょう。

ルイボスティーの水出し方法

  1. 水1リットルを沸騰させる
  2. 清潔な容器に沸かしたお湯とルイボスティー茶葉5gを入れる
  3. 冷蔵庫で冷やす
  4. 10分程度煮出す(最低5分以上は煮出すと効果的)
  5. 火を止めて茶葉を取り出したら完成

毎日の生活にルイボスティーを! 健康な体を手に入れよう

今回の記事では、ルイボスティーとはなにか・効果効能・おすすめルイボスティー・飲み方を紹介しました。

ルイボスティーは、カフェインレスで赤ちゃんや妊婦さんでも安心してお飲みいただける、健康にとても良いとされている人気のお茶です。

ぜひ毎日の生活に美味しいルイボスティーを取り入れてみてね。