別記事で腸内フローラの改善が、肥満体質や、しわの改善、アレルギーの予防につながることをご紹介しました。

ほかにも腸内フローラの改善による効果はたくさんあります。

この記事では、腸内フローラの改善で病気も防げるという内容です。

是非チェックしてみてね。

糖尿病は腸内フローラの改善で治せる

糖尿病は血糖値のコントロールがうまくいかなくなり、次第に全身の血管が傷付けられていく病気です。インスリンは血糖値を下げる役割がるのですが、糖尿病の人はインスリンの分泌がうまくいかないため、糖分を摂取した際に血糖値が大きく上昇してしまいます。

「健康診断で血糖値が引っ掛かったこともないし大丈夫」と思っている方はいますか?

初期の糖尿病は一般的な健康診断では発見できないケースが多いので油断できません。

天然のやせ薬として知られる短鎖脂肪酸は肥満体質の改善に効果がありますが、ほかにも糖尿病を直接的に改善する効果もあります。

短鎖脂肪酸には腸の細胞を刺激してインクレチンと呼ばれるホルモンを分泌させる力があります。インクレチンには膵臓に働きかけインスリンをの分泌を促す効果があります。

短鎖脂肪酸を作り出す腸内細菌であるバクテロイデスは食物繊維が好物なので、食物繊維を多く摂取することで、短鎖脂肪酸の生産量が多くなり、糖尿病の改善につながります。

イヌリンは普段の食事や飲み物に入れるだけで効率よく食物繊維を摂取することができるのでお勧めです。毎日の食事に是非お試しください。

・糖尿病は、肥満を防ぐ「短鎖脂肪酸」で改善できる

・「短鎖脂肪酸」は腸内環境を整えてインスリンの分泌を促す

腸内細菌にはがんを防ぐ菌と引き起こす菌がいる

若返り効果をもつエクオールを作り出せる腸内細菌を持っている日本人の割合は2人に1人と言われています。

エクオールには若返り効果だけではなく、男性の前立腺がんや女性の乳がんを予防する効果が明らかになっています。

実際にエクオールを作りだせる腸内細菌をもっていない人は前立腺がんや乳がんになりやすい傾向があります。

自分がエクオールを作り出せる腸内細菌を持っているかどうかは腸内検査キットを使用することで、判別できます。興味がある人はぜひ試してみてください。

がんを防ぐ腸内細菌「NATTS」

日本人の2人に1人が持っているとされているエクオールを作り出せる腸内細菌。この腸内細菌を「NATTS」と呼びます。

NATTSはエクオールを生産する効率が非常に高いことがわかっています。NATTS菌が腸内にいれば男性は前立腺がんになりにくく、女性はお肌の若返りと乳がん予防が期待できます。

現状NATTS菌がどのような経緯で腸内に入ってくるのか詳しいことはわかっていません。

NATTS菌が欲しいという方がいるかと思いますが、実際にNATTS菌を手に入れることができるのはもう少し先の話になります。

NATTS菌は人の腸内から発見された菌ですが、本当に安全な菌なのか、何か病気を引き起こす可能性があるのではないか、完全に確かめられているわけではないからです。

がんを引き起こす腸内細菌

一般にはあまり知られていませんが、肥満になるとがんの発症リスクが上がることは以前から指摘されていました。ですが、なぜ肥満になるとがんになりやすいのか、その原因についてはほとんどわかっていませんでした。ですが腸内細菌に注目することでその謎が解明されてきました。

マウスを使った実験で肥満したマウスにはある細菌が10%以上を占める割合で増加していることがわかりました。この細菌はアリアケ菌と名付けられていますアリアケ菌は腸に分泌される胆汁を分解してDCAという物質を作ります。DCAは腸から吸収されて全身をめぐり、細胞に作用して細胞の老化を引き起こします。

DCAの作用で老化した細胞が増えすぎると周囲にがんを誘発する物質を発生させることがわかっています。

肥満とがんの関係性は明らかにされていませんでしたが、肥満になることでアリアケ菌が増え、DCAを作り出すためがんのリスクが上がっていることが明らかになりました。

・腸内細菌が作る「エクオール」はがん予防効果が期待されている

・肥満になると増える腸内細菌によって、がんのリスクが高くなる

腸のバリア機能について

腸内フローラのバランスが乱れると腸のバリア機能が低下し、腸の中のさまざまなものが血液中に入ってくるようになります。この状態をリーキーガットと呼びます。

通常、腸内細菌は腸の壁にブロックされ、血液中には入ることはできません。しかしリーキーガットになると細菌が入ってしまい病気を悪化させることにつながります。

では腸のバリア機能を高めるにはどうすればよいのでしょうか。

私たちの腸壁の細胞は、腸内細菌がだす「短鎖脂肪酸」をエネルギーとしています。腸内フローラのバランスが乱れて、「短鎖脂肪酸」の生産量が減ると、腸の細胞が活力を失ってバリア機能が低下してしまうのです。

食物繊維が多めの生活に切り替えることで、短鎖脂肪酸が作りやすい体になるので、腸のバリア機能を回復したい人は食生活の改善をお勧めします。

・腸のバリア機能が弱くなると、病気が悪化しやすくなる

・食生活を食物繊維が多めの食事に切り替えることで、腸のバリア機能が回復する