最近朝起きても疲れが取れない、寝つきが悪い、肩こりや頭痛がひどい、そのような悩みはありませんか?

その原因、もしかしたら枕にあるかもしれません。

この記事では、自分に合った枕の選び方、枕を変えることで得られるメリット、おすすめの枕を紹介していきます。

是非チェックしてね。

その枕本当に自分に合ってる?

以下のリストに当てはまる人はいませんか?

・朝起きても疲れが取れない

・夜中に何度も目が覚める

・寝つきが悪い

・朝起きると首や肩が痛い

・ストレートネックと言われたことがある

・日中に頭痛が起きやすい

これらの項目に当てはまる人はもしかしたら枕が自分に合っていないのかもしれません。

この記事をチェックしてぜひ自分に合った枕を見つけて最高の睡眠を手に入れてみてはいかがでしょうか?

自分に合った枕を選ぼう

枕を選ぶ上で大切なポイントは、大きさ、高さ、素材が主なポイントになります。

ここで重要なのは、人それぞれ自分に合う枕は異なるという点です。

順番に解説していきましょう。

枕の大きさ

枕の大きさを選ぶ上で重要なのは、寝返りをうった時に頭が枕から落ちない大きさの枕を選ぶことが大切です。

枕から頭が落ちてしまうと不自然な姿勢になり、肩や首に負担がかかります。

自分の体格に合わせて寝返りをうっても問題ないサイズの枕を選ぶようにしましょう。

枕の高さ

枕の高さ目安としては以下の表になります。

XS1~2cm
S2~3cm
M3~4cm
L4~5cm
XL5~6cm

あなたはどちらの睡眠タイプ?

睡眠タイプには大きく分けて、仰向けタイプと横向きタイプがあります。うつ伏せタイプは枕の高さに関係なく首に負担がかかるので今すぐやめましょう。

それぞれの睡眠タイプごとに理想の枕の高さが変わってきます。

仰向けタイプ

横から見たときに首の骨がS字カーブを描くような枕の高さにしましょう。

枕の高さが低すぎると頭部に血液が集中し、顔のむくみや睡眠の質の低下につながります。

逆に高すぎると頸椎がまっすぐになってしまい、ストレートネックを招く危険性があります。

最近はスマホやパソコンを長時間操作する人が増えているので、ストレートネックの人を良く見かけます。

正しい枕選びはストレートネックの改善にもつながるので、ぜひ試してみてください。

横向きタイプ

横から見たときに首の骨がまっすぐになる枕の高さがお勧めです。

枕の高さが低かったり、高かったりすると、肩や首筋に負担がかかってしまうため、翌朝の疲労感や肩こりにつながります。

首の骨がまっすぐになるよう枕で調整することで、余計な体の緊張を減らし、血流を改善するため、翌朝のすっきり目覚めにつながります。

株式会社サバキューの枕は仰向けタイプ、横向きタイプどちらのタイプの人でも、首と肩に負担がかからないようなダブル枕の設計になっています。気になった方は是非チェックしてみてね。

枕の素材

自分に合った素材の枕は睡眠の質の向上につながります。

様々な種類の素材が存在するので、それぞれの悩みに合わせた枕の素材を選ぶことをお勧めします。

低反発頸椎のひずみにフィット。首の負担を減らす。
羽毛 フェザーホテルでよく見かける素材。柔らかい素材で肩こりや首が痛い人におすすめ。
そばから通気性、放熱性に優れる。ひんやりした質感で暑がりの人や夏におすすめ
パイプ ビーズ通気性、耐久性に優れる。アレルギーの方のおすすめ。
ポリエステル 綿柔らかい素材の枕。圧迫感がない。
ウレタン頭をしっかりと支える。寝返りが多い人におすすめ。

上記の素材以外にもジェルピロータイプの枕も存在します。

自分に合った枕を使用するメリット

寝つきの改善

自分に合った素材、高さの枕に変更することで、暑くて寝れない、枕が硬くて首や肩が痛い、そういったストレスを軽減することで、よりリラックスした状態で睡眠に入ることができます。

自分に合った枕を選ぶことで、布団に入ったら気づいたら寝てしまっていた、、、そんなこともあるかもしれませんね。

ストレートネックの改善

枕の高さが高い枕を長期間使用していると、寝ている間中、首の頸椎が常にまっすぐの状態でキープされてしまうので、ストレートネックの悪化を招く危険があります。

自分に合った高さの枕で頸椎がS字の状態を作り出すことで、徐々に理想の首の形を取り戻せるようになります。

肩や首の負担を軽減することで、肩こりや頭痛で悩まされてる人も、肩回りや首周りの血流をよくすることで、朝起きた時の痛みの軽減につながります。

睡眠の質の向上

自分に合った素材の枕を使用することで、快適な睡眠時のストレスを軽減できます。

中途覚醒するリスクを減らせるので、朝起きた時のすっきり感や、疲れが取れないなどの悩みを改善することができます。

睡眠の質は日中のパフォーマンスに影響するので、日中やる気が起きなかったり、体がだるいなどの悩みがある方は自分に合った枕選びを試してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回の記事では自分に合った枕を使用していないことのデメリットや、枕選びのポイント、枕改善によるメリット、おすすめ商品を解説しました。

睡眠は人間にとって極めて重要なものです。睡眠の質を高めることは、日々の生活のパフォーマンスを向上させることにつながります。

毎日の睡眠が自分に合っていない枕を使っていることで、体や脳に負担がかかってしまうのはもったいないと思いませんか?

是非、自分に合った枕を見つけて、快適な睡眠ライフをお過ごしください。